09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2013-09-14 (Sat)
P1030117.jpg

先日のとよしま先生のプリザーブドウラワーのレッスンで作成した
「トピアリー」です

トピアリーの語源はラテン語の「opus topiarium」で、起源は、
古代ローマ時代までさかのぼります。
当時の庭師が、生け垣に自分のイニシャルを
こっそり刈り込んだのが始まりといわれています。

刈り込み型で始まったトピアリーも新しい種類が次々に誕生し、
最近では家庭用トピアリーとして、
フレームに水苔を詰め植物を這わせるスタッフドトピアリーや、
生花を用いたフラワートピアリーなど、色々な楽しみ方があります。


P1030120.jpg

この日のトピアリーは、
モスグリーンのアジサイをこんもりと入れ、
それぞれのお好みでりんごや松ぼっくり、ベリーやリボンで装飾していきました。

木の下には愛らしい動物たちが

めちゃくちゃかわいいです


毎回、生徒さんが喜ぶレッスンを企画してくださるとよしま先生、
本当にありがとうございます!

4名様以上お揃いで、お好きな日時にレッスンしてくださいます。
詳細はスタッフまで。





ブログランキングに参加しています。
応援のクリックよろしくお願いします


アートフラワー(造花)・ドライフラワー ブログランキングへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 布花・アートフラワーへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
| イベント | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。